シボヘールは飲み方がとっても大切!

シボヘールには、「葛の花由来イソフラボン」という成分が配合されています。

 

この成分は体重やお腹の脂肪・ウエスト周りのお肉の減少を促進させる効果が科学的にも証明されており安全性に関して、消費者庁長官に届出されている機能性表示食品です。

 

ただ、いくら効果が証明されているとは言え、お薬のような即効性はありません。

 

サプリメントなので、毎日継続して飲み続けることによって徐々に効果が現れます。

 

より効果的な飲み方(タイミングや量など)を詳しく説明するので参考にしてください。

飲むタイミングで効果って変わるの?

シボヘールを飲むのに最適のタイミングを知ることで、より早く効果を実感することができますね。

 

まずは、飲むのに最適なタイミングを把握してみましょう。

 

シボヘール公式ページでは、「食品なのでいつ飲んでも良い」と書かれていますが、ここで一番大切なのが習慣化すること!

 

朝起きてすぐ”、“お昼ごはんの前”など自分の生活リズムに組み込んでしまうと良いでしょう。

 

上記の通り、ご自身の好きなタイミングで飲む摂り方でも問題はありません。

 

しかし、「葛の花イソフラボン」の効果には、血中脂質を低減させる効果があったり、肝臓の働きを助けるという効果も持ち合わせています。

 

そのプラスアルファの効果も実感するための、最適なタイミングとして「食事の30分前」に摂ることをおすすめします。

 

食前に飲んでいることで、食後、上がってしまう恐れのある血中脂質や血糖値が急に上がらないよう抑制する効果があるため、食事によって体重増加する原因の一つを抑えてくれるというオマケ的な効果もあります。

 

元来サプリメントは他の食べ物と一緒に摂ることで、ゆっくりと少しずつ体内に吸収されていきます。

 

もうひとつのおすすめタイミングは、朝です。
シボヘールのような体内にエネルギーを与えるダイエット系のサプリメントは、新陳代謝が高まるとされる「朝」に取ることが良いとされているからです。

 

しかし、飲むタイミングを強く意識することももちろん大切ですが、なにより「毎日継続して飲み続ける」ということが、一番大切なので自分でこのタイミングなら「飲み忘れしない」、という習慣にしやすい時間をつくり飲む事を続けていきましょう。

飲む量(粒数)はいくつが最適?

まず、シボヘールは、1日に推奨される摂取量が4粒と決められています。

 

ダイエットをしていると、どうしても早く効果を得たいために一日に多めに飲んだら早く効果が実感できるんじゃないかと思う方もいると思います。

 

シボヘールは一日4粒飲むと、35mgの「葛の花イソフラボン」を摂取することができます。

 

臨床試験などでも、1日4粒の量を3ヶ月程度飲み続けた結果ウエストが細くなったとの結果が出ているので、十分1日4粒を飲む事で十分効果を発揮していますね。

 

「1日4粒をしっかりと飲み続ける」コレがスリムボディへの一番の近道なんですね。

シボヘールを飲む時は何で飲むのがいい?ダメな飲み方はあるの?

シボヘールは、水もしくはぬるま湯で飲むことを推奨しています。

 

他の飲み物では、一緒に摂ることによってシボヘールの働きを邪魔してしまう場合があるからです。

 

なぜ、水なのかと言いますと水以外の物で飲んだ場合、(例えばジュースや牛乳など)その飲み物自体を分解して吸収する為にも水が必要になってしまいます。

 

それによって分解・吸収するための水不足が起こってしまい、効き目が悪くなってしまいます。

 

特に、気を付けたいのが牛乳です。
牛乳は胃の粘膜に膜を作ってしまうので、十分に成分が吸収されなくなってしまうのです。
シボヘールの効果を早く感じる為にも、「水、もしくはぬるま湯」で飲むという事を徹底しましょう。

他のダイエットサプリメントと一緒に摂るとどうなるの?

上記のように正しい飲み方でシボヘールを飲んでいても、他に飲んでいるサプリメント、お薬との飲み合わせが悪いと、効果がでない、または逆に体調を崩してしまうこともあります。

 

シボヘールには、還元パラチノース・葛の花抽出物・セルロース・ショ糖脂肪酸エステル・二酸化ケイ素でできています。
これらの成分と他に飲んでいる成分との飲み合わせについて確認する事が大切です。

 

この中でも、葛の花抽出物に含まれる「イソフラボン」は、女性ホルモンである「エストロゲン」と分子構造が似ているので、同時摂取は避けた方が良いですね。(特に女性!)

 

過剰摂取すると、ホルモンバランスが崩れ“乳がん”や“胃腸の調子が悪くなる”などの健康リスクが高まってしまいます。
(バストアップサプリに含まれる「プエラリア」も「エストロゲン」と似た働きをするので要注意!)

 

現在、常にサプリメントを飲んでいる方は、一度成分の確認をすることをおすすめします。

 

> シボヘールの最安値はコチラ <