まずは機能性表示食品と特定保健用食品の特徴をそれぞれ説明します

機能性表示食品とは?

科学的根拠に基づいて証明された機能性を、企業の責任で表示することができる食品です。

 

食品の情報を公開して、消費者に正しい選択をしてもらうために作られた制度です。

 

成分や効果をパッケージや消費者庁のホームページで表示しているので、アレルギーを持っている人や成分の飲み合わせに注意しないといけないときなど安心感がありますよね。

 

機能性や安全性を消費者庁に届けないといけないですが、国の審査は必要なく企業による届出だけで表示できます。

特定保健用食品(トクホ)とは?

健康維持や改善の効果が認められている食品のことです。

 

「体脂肪が気になる方に適している」「お腹の調子を整える」など効果について表示することができます。

 

科学的に効果・安全性を表す必要があり、それを国(消費者庁長官)に認められなければ、特定保健用食品として名乗ることができません。

 

それぞれの違いを分かりやすく表にまとめてみました。↓

比較
項目
機能性
表示食品
特定保健用
食品(トクホ)
対象商品 飲料やサプリメントなどを含むすべての食品(一部を除く※) 健康面に効果があると科学的根拠が認められた食品
見分け方(マーク) 「機能性表示食品」の文字入りマーク 「特定保健用食品」と文字が入ったマーク
効果・安全性 科学的根拠に基づいた機能性を表示している ヒトへの試験を実施し、科学的根拠が認められている
情報の公開 パッケージや消費者庁ホームページで情報の公開が義務付けられている 情報の公開は義務付けられていない
審査 国の審査がいらない(事業者の責任) 国の審査が必要(消費者庁長官が許可)
目的 商品の情報を公開し、消費者が正しい選択をできるようにするため 健康の維持増進に役立つ商品を分かりやすくするため

※栄養機能食品やアルコール飲料などは含まない

 

どちらも商品の持つ機能性や安全性を示している商品で、効果は期待できます。

 

特定保健用食品(トクホ)の方が古くから存在していて知名度があるので、選ぶ人が多いだけであって、機能性表示食品も消費者に向けて情報を提示してくれている親切な食品です。

 

機能性表示食品は、パッケージに“○○の吸収を抑える”“1日の摂取量は○○”など機能性を表示するだけでなく、届出番号(パッケージに記載)を入力すると消費者庁のウェブページで食品の内容を全て把握することができるのです。

 

国の審査はないですが、消費者庁で「安全性」「機能性」「生産・品質の管理」などの項目をクリアしないと機能性表示食品と表示されることはありません。
成分や効能を納得して購入できる「機能性表示食品」も安心感がありますね。